花木マロンの似顔絵画房

080-6571-0901

10時~18時 お気軽にご連絡ください

お問い合わせ
2017.11.15

似顔絵に心を込める事は出来るのか?

似顔絵に感情を入れることは出来る!?

  
似顔絵を心を込めて描くというのは、
当たり前の事と思われがちですが非常に大切です。
お客様からご注文を頂く際に、ギフトなどの使用目的の場合は、
私自身の感覚を大切にしながらも、お客様の気持ちを代筆する感覚で臨みます。
 


高倉健さんのことば

 
スクリーンに感情が映る、という様な事を高倉健さんの本で読んだことがあります。
同じ様に演技をしていても、伝わり方が違う、そのポイントが魂、気持ちということかと思います。

 
同じく、絵でもそういった面は在ると思います。
アーティストの感情までもが伝わるからこそ、プレゼント用としての絵に価値がつくのではないでしょうか。
 
実際に、古い今よりも未熟な頃の作品でも、心を込めて描いたものは、技術を超えて良い作品だと思います。
私は昔から、そのことを念じるようにして似顔絵作品作りをしてきましたし、
昔描いた絵を頼りにお客様からご依頼頂く事も多いのですが、
そんな時、間違っていなかったと改めて確信する次第です。
 


作業用BGM

 
気持ちを込めるにふさわしい環境をお手軽に作れるのが音楽ですね。
メロディやテンポによって気持ちをコントロール出来る面があります。
 
実際、商業施設などの適度な騒音や、
お客様との会話しながらの作画はある種の良い集中状態を作ってくれます。
 
絵を描く場合のコツとしては、全てに高い集中状態を保つよりも、BGM使ったり、休憩時間をはさむなど、
上手にリラックスして、自分の内面と付き合って作画していくのが良いと思います。
   

曲選びは、環境音楽やクラッシック、JAZZなどを選んでよく流していますが・・
やはり思考の邪魔になるようなものは避けるべきです。
 
気持ちを持っていかれるようなもの、特にボーカル系など内容が気になるもの、ニュースなどのトーク系・・
こういうものをBGMにしていると、心の深い部分にアクセスすることが難しくなり、
結果として、感情を入れるとか伝わる絵にならない、という事もありますから注意が必要です。
 


結論から言うと、理想は「無音」

 
経験上の結論からすると、BGMの理想は「無音」です。
というよりも、周りの音が一切気にならない状態です。

 
スポーツも同じかと思いますが、つまりは「集中状態」にある時です。
深く集中しているときは、BGMを忘れて作業に没頭しています。
つまり、自然にそういうゾーンに入る感じかと思います。
 

今後は特に、どこにいても誰といても、そういう状態に持っていける様に意識していきたいと思います。


 

 


Top