花木マロンの似顔絵画房

080-6571-0901

10時~18時 お気軽にご連絡ください

お問い合わせ
2017.07.23

似顔絵をデータで納品する際のこだわり

好評!似顔絵のデータ納品

 

こんにちは!花木マロンです。
手描きのスタンダードプラン作品をデータで納品する、

こちらをベースに4月より価格表を作成、こちらでもお陰さまでご注文も順調に増えております。

納期が早い!安い!好きなサイズで印刷出来る!複製も自由!名刺にもOK!など・・使い方の幅が大きい!とこれまでデータでの納品のメリットを説明してきました。

ただもう少しデータでの納品に関しては説明が必要かもしれません。少なくとも僕の作品は、単にスキャンしてデータで送るだけ、ではないのです。ここからはプロの方も必見の企業秘密です!(笑
 


似顔絵師・プロも必見の企業秘密とは!?

 
まず、似顔絵を描く際に使用する紙がお届けする時とは違うのです。
美しくスキャンするには、取り込む際のバランス調整が欠かせません。
これをアバウトにすると色が飛んだり粗さが目立ったりするので、スキャナー自体の調整も欠かせないのですが、
元々の紙自体をよりキメの細かい柔らかいものにすることで取り込んだ際の自然な手描き感が増すのです。
 
必要に応じて、デジタルでの加筆もしますので、印刷した際により自然な手描き感のオリジナルの画風になるように調整して納品しています。

逆に、実際にお届けする場合は、ある程度厚みのある少しキメの粗い紙を使用しています。
スタンダードプランの場合、手描きの色鉛筆は少し粗めの紙に載せた方が色の躍動感があって個人的に好きなのです。
もちろんサイズによって粗さを変える工夫をしています。

ハイクオリティの手描き作品は、マーカーを下地に載せるので、更に厚みのあるキメの細かい紙を使用します。
スタンダードプランとは逆に、色の深みと滑らかさを大切にしていますので、これも試行錯誤しつつ相性の良い紙にたどり着いたわけであります。
 


似顔絵作画以外の目立たないこだわり

 
少し脱線しますが、最初にお世話になった大手の会社では、とても白くて非常にキメの粗い紙を使っていました。
白自体の美しさをベースに、色鉛筆の乗り方が良いのでクイックでの作画とは非常に相性が良く、 
練習生の時、その着眼点に感心したものです。
 

僕も当時取り寄せて今も家にはありますが、元々作りこむスタイルが好きだったことや、
併せてクイックと同時に作りこむ作風が有名な会社に入ったのもあり、現在は経験に基づいて自分と一番相性の良い紙を使い分けている次第です。
 
この様に、その作品に一番ふさわしい出来上がりにする為に、作画以外の目立たないこだわりも、非常に大切ではないかと考えています。
 
それでは皆様、良いGWをお過ごし下さい。

絵の受付は年中無休ですので、いつでもご依頼下さいね。 

 


写真から似顔絵を制作するなら

花木マロンの似顔絵ギフト専門SHOPでは、写真から似顔絵を制作しております。
カリカチュアというスタイルを取り入れ、日本人に合った優しい風合いの似顔絵を制作をいたします。
家族・友人・恋人・ペットなど、大切な人を素敵な似顔絵にしませんか?
 
大切な記念日のギフトや誕生日のプレゼントなど、様々なシーンでご利用頂けます。
また、背景や体つき、シチュエーションなどを変えることが出来るので、お好みに合わせて自由な演出をお楽しみください。


 

 


Top